好きな職業で独立できる!?フランチャイズによる起業方法

11 3月

フランチャイズなら職歴を活かせる

これまで販売業や飲食業をしていたり、営業などを本業としていた方ならば、フランチャイズでそのスキルを活かせます。フランチャイズでは圧倒的に物を売る仕事と飲食店が多いので、これまでの業界経験を活かして豊富な知識を糧に起業ができます。もちろん好きな代理店に応募することでより長く続けていけますから、これから自分のスキルをしっかりと活かして起業をしていくのならばフランチャイズを選んで起業することにしましょう。

フランチャイズを募集している業界

フランチャイズを募集している業界にはかなり多様性があります。物を売る仕事の場合には、インターネット回線のセールスや、保険商品の案内に、営業の仕事などもあります。飲食に関連するものの場合には、チェーン店の一店舗で雇われオーナー形式で経営を開始できるので、自分の努力次第で利益を増やしていけます。もちろんこれ以外にも募集はあり、小売店やコンビニなどもフランチャイズで起業が出来る業種の一つとなっています。

初期投資は少なくても大丈夫

フランチャイズの場合企業のバックアップを最大限に受けながら独立できるので、初期資金はそんなに必要ありません。多くの場合百万円前後の準備金で起業が可能なので、すべて自分で行う起業方法と比べれば格段と初期投資も少なくて済みます。フランチャイズ先の企業が経営に関するコンサルティングもしてくれるので、経営に行き詰まったり、なかなか利益が上がらない場合には、本部の担当者に助言をもらいながら経営が出来るのもフランチャイズの魅力です。

代理店とは、取引の代理を行う業者のことを指します。主なものには、保険に関する手続きの代理を行うものや旅行に関する手続きの代理を行うものなどがあります。