メール利用者なら知って当然!?メール添付に多いファイルの種類

22 2月

メールの添付ファイルとして多い画像データ

電子メールは、いまや日常で使われる情報通信手段です。さらにその電子メールには、デジタルデータのファイルを添付できます。添付ファイルとしてよく使われるのが、画像データです。基本的にメールは、文字による情報のやり取りを前提としたものですね。そのためメールだけでは画像の表示はできません。添付という形で画像データを同時に送付し、相手が受け取ることができるよう設定します。文字と画像の組み合わせで、情報伝達にメールが便利です。

仕事で使われるビジネスデータのメール添付

ビジネスの分野で、電話と同じく利用する機会が多いのがメールです。仕事の問い合わせや打ち合わせに、メールが頻繁に用いられています。そのため時には、メール添付ファイルとして、ビジネスデータが用いられます。表計算ソフトや文章作成ソフトで作られたデータを、メールに添付して送信可能です。メールのおかげで、仕事のやり取りがスムーズですね。ただし、メールに添付するビジネス用のデータについて、相手が閲覧できる環境が必須です。

家族や友人とやり取りする動画のメール添付

家族や友人、知り合いとのやり取りに、メールを使われる場面が多々あります。その際に便利であるのが、メールへの動画ファイルの添付です。動画ファイルもまたデジタルデータであり、通信ネットワークを通じての送信が可能です。動画なら、静止画よりも多くの情報が伝えられるでしょう。ただし、動画データは、静止画と比較してファイルサイズが大きくなりがちです。送信に時間がかかったり、メールボックスの容量が不足する可能性があり、注意が必要でしょう。

大容量ファイルの送信のスピードは、各自のサーバーの状態によって、大きな違いが見られることが特徴といえます。