印刷の目的に応じて利用する業者を選ぶことが大切です

22 2月

印刷の目的について知る

印刷には様々な目的があります。チラシやポスター、カタログや雑誌など色々とありますが、それぞれに求める目的は変わるものです。例えばチラシの場合、セール情報などをいかに早く正確に伝えることができるかがポイントとなります。そのために印刷品質にはそれほどこだわることはありません。色合いなどにこだわって高い料金を支払い、満足できる品質に仕上げることには意味が無いわけです。逆に美術品などのカタログならば、いかに現物の雰囲気を再現できるかが鍵となります。

印刷目的に応じて業者を選ぼう

そこで必要となるのが、適切な業者選びです。チラシやポスターなどは即効性と正確性、そして広告効果を求める上での費用対効果を考える必要があります。そこで利用したいのが、印刷通販です。早いスピードと安い料金、安定した品質がウリとなるものです。細かな色調調整は必要無いので、これで十分というわけです。一方で美術印刷となれば求める条件は全く変わることになります。細かな色調調整を行える業者が必要となるんけです。

特殊な印刷に必要な業者とは

印刷物は、まずカラー写真をデータに変換した時点で現物と色調が変わることになります。それをオリジナルの色に近づける作業が必要となります。また基本的にインキは4色なので、それで求める色合いを表現できるよう製版作業が必要となるのです。美術印刷のように色調に厳しいものは、何度と試し刷りを行ってチェックする必要があります。これは印刷通販では手間がかかり過ぎてできないことなので、従来の製版会社に依頼することになります。

封筒印刷を手掛ける業者では、様々な希望に沿った注文を行うことが可能なので、満足度の高い仕上がりが期待できます。