これからは派遣運転手の時代が来るかも!?

22 2月

正規雇用の運転手が疲弊している現代

かつて運転手といえば正規雇用が当たり前でした。しかし、正規雇用は会社との結びつきが強く、頼まれたら首を横には振れないようになってしまいがちです。そのため、体調が悪くても疲労が溜まっていてもなかなか仕事を休めず、事故やトラブルが起こってしまう一因ににもなってしまっています。派遣ドライバーなら派遣会社を介することで自分が働けない状況での断りを入れやすいので、無理な状況で働くことも働かせることも少なくなります。

キャリアも信頼性アップ

昨今、運転技術が未熟であったり不慣れであったりするドライバーが増えていると言われます。これは企業に所属する正規のドライバーは一度採用すると起用せざるを得ないからです。例えば30歳代でドライバーを正規で採用した場合、育成する機会が少なくすぐに実戦に投入してしまう企業が多くなっています。派遣ドライバーなら実績などを確認してから起用できるため、企業側も安心できます。ドライバーにとってもいきなり難しいコースを任されることが減ります。

派遣ドライバーの注意点

様々なメリットのある派遣ドライバーですが、注意しておくべき点もあります。例えばいかに実績のあるドライバーでも、しばらくブランクがあれば安全性は損なわれます。そういったブランクについて派遣会社側が言及していないケースがあるのです。あくまで実績と最近の状況を把握できるような派遣会社がおすすめです。また、派遣された側の会社のルールをしっかりと守る必要があります。会社は会社で派遣ドライバーでも守りやすいような分かりやすいルールにしておくのも大切です。

運転手の派遣のサービスは、タクシー会社などが専門的に行っており、各企業からのニーズが高まりつつあります。