仕事の効率化と生産性の向上に関すること!

22 2月

いかにして仕事のミスを防ぐか

仕事をしていると人間ですので必ずミスはするものです。しかし、仕事のできる人は同じミスを繰り返しすることはありません。なぜなら、そのミスの原因を見つけ出し、二度とミスが起こらないように徹底的に考察するからです。これは、分かっていても誰でもができることではありません。分かっていても、結局大丈夫だろうと思ってしまうからです。次は気をつけるとか、なんとかなるだろうと思っても仕事ができない人は、同じミスを繰り返しがちです。

航空会社におけるミスのつぶし方

航空会社のミスは、人の命に繋がります。私の知り合いで、航空会社に勤めている人がいて、その人がある日ミスをして飛行機の出発時間を30分延ばしてしまったという話をしていました。私は興味があったので、そのあとどうしたか?とたずねました。すると、そのミスを、レポートにして報告し、全員で情報を共有したと言っていました。なんということでしょう!そのとき聞いたミスは伝達ミスのようなもので、対策は紙の半分に線を引き伝達部分に線を引くといった簡単な対応でした。しかし現在その方法がとられているそうです。恐るべし、と感じざるを得ませんでした。

わかっちゃいるけどさ

航空会社の例のように、少しのミスでも全員で共有して、二度とミスを起こさないシステムはすばらしいと思います。そしてそれほど難しいことをやっているわけでもありませんでした。それでも、自分にその対応ができるかといったら、自信はありませんといってしまいます。当たり前のことができて当たり前といわれますが、その当たり前を当たり前にこなすことが意外と難しいのです。明日からそれを実践していこうと心に誓わなければ、仕事の効率は上がらないのです!さあ、明日からやりましょう!

ワークフローとは、組織における業務の流れ、あるいはそれを図式化したものです。業務の流れを図式化してみることによって、無駄なプロセスが明らかになり、業務の効率化や改善が可能になります。